何度も誘惑に耐えていたけれど、ついに買っちゃいましたよ電子書籍リーダー端末Kindle Paperwhite。

土曜日にポチッとして、月曜に届いたこの端末、なぜ買ったのか、買ってみてどうだったのかを書いておきます。

投稿者名 斎藤美佳子 投稿日時 | Permalink

きせかえ人形部門で堂々1位をキープし続けている国民的アイドル「リカちゃん」

毎年、多くの商品がカタログに載り、いずれ消えていきます。

着せ替え人形歴30数年になり、ハンドメイドのドール服をイベントで販売しているわたしが、今買えるリカちゃん製品の中で、
「自分が子どもだったら欲しいセット」
「ままごと遊びで活躍しそうなセット」
「大人の今でも欲しいセット」

をピックアップしてみました。

お誕生日、クリスマスなどのプレゼントのご参考にどうぞ。

お子様はもちろんですが、大人のドールファンにもおすすめですよ。

なお、この記事に載っているアイテムは新商品や廃盤が出るたびに入れ替えていきます。

まだリカちゃんを持っていなくて、幼児~小1くらいの年齢であれば、こちらのギフトセットがお買い得です。

リカちゃん本体とロングドレス、ミニドレス、パンプス、ブラシ、ヘアゴム、ヘアピン、ハンガーなどが付いているので、すぐに着せ替え遊びができます。

執筆時点でAmazonだと上のギフトセットだけで3,000円台、+ハウス系で5,000円台ですね。

投稿者名 うらべっち 投稿日時 | Permalink

こんな素敵なイベント『「Quilts1989 / 100ネエサン」特別ワークショップ』をコラボ企画したルシアンの髙木由美子さんと 代官山にあるLECIEN CREATIVE SPACEにて
jp/releases/114216/img_114216_8やはり「2:8の黄金比が美味しい」という声が多かった
『私だけが知っている』『私だけが行っている』というところに価値を見出す時代なのではないか「ネルは使い捨て?」「コーヒーの味の決め手は品種? 産地? 焙煎度合い? 淹れ方?」など

木製玩具や昔ながらの遊びが集う「グッドトイ2019inひろさき」に2日間出店させていただきました。

きせかえ人形遊びというこれも昔からある子どもの遊びの楽しさをお届けしてきました。

自由な発想あふれるドールドレスデコ体験ワークショップの作品をご紹介します。

過去最多の28点です。どうぞ!!

投稿者名 うらべっち 投稿日時 | Permalink

約3年ぶりに3冊目の「リカちゃんお洋服Book」が発売されました!

その名も「リカちゃんお洋服Book もっとキラキラ!」(主婦の友社刊)です。

オリジナルリカちゃん付きで定価2,800円+税のムックです。

地元の書店で購入して、さっそく開封してみました!

投稿者名 うらべっち 投稿日時 | Permalink

  1. 『TOWERS Milight』12月22日開催 12月からクリスマスをテーマにした4つのイベントも実施 | 月刊イベントマーケティング by MICE 研究所
  2. 刺繍といったものは本当に「高貴なマダムの趣味」と思っていた
  3. 効率よく直接体験してもらうために大きなイベントをやればいいのかと言うと
  4. 弘前移住

土手町の西谷ビル1階にオープンした「コラーニングスペースHLS弘前」

弘前市のメインストリート・土手町ににオープンしたコラーニングスペース弘前

「コラーニング」という聞きなれない単語、
土手町の交差点の角に面している好立地、
ガラス張りで通りから中が見渡せる透明性、
道行く人が、「なんだろう?」という表情でチラチラ見ているのを感じました。

そこで、フリーランスで専用オフィスを持たない半在宅ワーカーな斎藤が、どんな場所なのか、使ってみての感想を勝手にレポートします。